よとおか採れたて元気むらイメージ

運営について

株式会社とよおか採れたて元気むらは磐田市が出資する第三セクターです。
「とよおか採れたて元気むら」は、磐田市と民間(企業・個人)が出資する株式会社です。

地元の農家が生産した農産物や加工品などの委託販売を主な業務としています。
設立は5市町村合併前の平成10年。
旧豊岡村の時代に、地元の新鮮で安心・安全な農産物などを安価で提供するとともに、生産者と消費者の交流による地域の活性化を目指して設立されました。
その思いは新磐田市に引き継がれ、同じ新磐田市となった旧福田町の海産物などの新商品も続々と仲間入り。
年間約30万人のお客様にご利用いただき、商品の新鮮さ、安さについて高い評価をいただいております。

会社概要

会社名 株式会社とよおか採れたて元気むら
代表者 秋山興二
支配人 村田祐二
役員数 非常勤役員6名、監査役2名
資本金 15,000,000円
【内訳】
磐田市41%、遠州中央農協20%、商工会5%、企業5%、住民29%
設立 平成9年12月
住所 〒438-0126
静岡県磐田市下神増 1148番地
従業員数 正社員1名、パート12名
電話 0539-63-0255
FAX 0539-63-0252
E-mail genkimura@earth.ocn.ne.jp

*「第三セクター」とは
国や地方公共団体が経営する公企業を「第一セクター」、民間企業を「第二セクター」とし、それらとは異なる形態の法人を「第三セクター」と呼んでいます。
日本では、国または地方公共団体が民間企業との共同出資によって設立した法人を指すことが多い。
多くは、設立が比較的簡単で、その運営方式も自由な株式会社の形態をとっています。
出典:フリー百科事典「ウィキペディア」